スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいぞパーティーとまらない

熱中症気味で頭が痛いです。
水分補給を忘れがちになるんですよねー。


そんな不調なので軽く雑記を書くスタイルです。
今回もラブライブ!それ以外に書く事が無い!
いや無い事は無いけどガッツリ更新になるので…あ、いつも拍手アリガトウゴザイマスー
20150719230924843.jpg
そんな訳で最近のラブライブ生活です。
劇場版も6週目に入ったという事で、ついに入場者特典にフィルムが登場しました。
まあとりあえず2回観に行っちゃうよね。
で、ご覧の通りツバサさんと女性シンガーで非常に反応に困るよね。
ライブシーンでもないしμ’sメインでもないし(穂乃果ちゃんは入ってるけど)、かといって背景や暗転などのネタ枠でもないしキャラ自体はちゃんと写ってるから残念な場面でもないし。
コメントに困るんだよ!
ツバサさん(及びA-RISE)は大好きなのでヤッターと言っても良いんですけど!


以下、劇場版についてとその他のラブライブ関係購入物雑感です。


ちなみに入場者特典目当てで映画を何度も観る事については(自分もその節があるので)肯定的ですが、特典だけ貰って映画を観ないのは否定的です。
あくまで映画本編がメイン。
という訳でそろそろ映画の内容もバッチリ憶えそうなのですが、毎回着眼点を変えて観ているので自分でも驚くほど飽きずに観られています。
そして、やはり繰り返して観るほどに印象が変わってきますね。
初回はどうなるかハラハラ、2回目は多少落ち着いて、3・4回目はちょっと話を覚えて中盤で眠くなるという具合だったのですが。
この中盤眠くなる状態がフィニッシュかと思いきや、5回目で今までどこで眠くなったのか解らなくなるほど映画に集中。
まさかの次のステージです。


あと音楽に集中すると一番涙腺が危なくなる事が判りました。
SUNNY DAY SONGに入る直前の集合シーンを平常心で観ることが容易になったので、もう余裕だと構えていたらサビに入る辺りで急にグワッっとこみ上げてきたりしてなかなかスリルがあります。
さすがにまだ松竹の富士山では泣けないですけど、要所要所で今まで気付かなかった未来に続いているポイントが見付かってその度にグッと来るので本当にラブライブというスルメコンテンツに相応しい映画だと感じます。


そんな劇場版の楽曲も無事に全曲発売。
20150719230913272.jpg
全てGAMERSで購入して特典ももらってきました。
最初、劇場版はクライマックスとかでアニメで馴染みのある曲が流れると思ってたんですよね。
テレビアニメ版2期12話のアンコールで1期オープニングが流れたように。
それが実際は全て新曲で、だから初見だと曲を覚えてない故に素直に入ってこなかったのです。
しかし何度も聴いて、原曲も覚えた上で映画を観るとこれ以上に相応しい曲は無いと確信できます。
やはりラブライブと音楽は切っても切り離せない関係で、それ故に歌詞の一つ一つも作品を語る上で知っておくべきだと思いました。


そんな気分の中タイムリーに、インタビュー雑誌「CUT」8月号がラブライブ特集号。
20150719230846914.jpg
いや、これは思ってたよりもヤバかったです。
ちょっともう売ってる所少ないんですけど自分がラブライブファンだと思うなら必読です。
ちなみにラブライブ以外のインタビューもすごい面白かったです。
やはり制作側の心境とか判ると作品への理解度もグッと深まる気がします。


で、目当てのラブライブ記事は9人対談や作詞の畑亜紀氏ロングインタビューだけで必読ものだったのですが。
20150719230901130.jpg
このキャストからμ’sへ宛てた手紙。
要は自分の演じるキャラクターに対して送ったメッセージですね。
コンセプトだけ聞くと寒い企画に思えるかもしれませんが、今までラブライブの背景を追ってきた身としては読んでて熱いものがこみ上げてくきました。
ファン歴の浅い、にわかと言っても過言ではない自分が見てもそうなのですからキャスト含め当初から応援してきた方々なら本当に感じるものがあると思います。


インタビューの出だしに書かれている、「大事なのは、μ’s9人の物語を共有し、愛してきた受け手がこんなにもたくさんいて、μ’sのもとに集まった無数の想いがひとつになり、たくさんの奇跡を起こしてきた、ということだ。」という言葉が全てです。
キャストやスタッフ、そしてこのライターさんと同じようにライブや劇場で感じた「同じ熱」を持った方々によってこのコンテンツはここまで来れたのだなと。
おそらく、その全ての方がキャッチコピーにもある「みんなで叶える物語」を体感しているのだと思います。
もちろん、好きの形は人それぞれです。
流行っているから何となく乗ってみたという方も多いでしょうし、それも間違った好きの形ではありません。
ただ、そこから自己顕示したり周りに迷惑をかけるのはもはやファンでも何でもないという主張は変わりません。
自分も間違った方向に熱が向かないように気を付けたいものです。こうしてブログで語るくらいは許してね!


とはいえ、見境なしに使わないグッズに釣られてしまう辺りすでに間違っていると言えなくもないです。
20150719230934368.jpg
リポビタンDが何かコラボしてたので思わず買ってしまいました。
このラゲッジタグって何なんですか。
※スーツケースなどの荷物に付けるネームタグのことらしいです。劇場版で海外旅行したからそれになぞらえてって事ですかね。
本当に自分じゃ使わないものだったよ!!



あと使わないのに何故買ったといえばこれですね。
20150719230840242.jpg
バッグマスコットチャーム(花陽ちゃんver.)

無駄にパッケージがパール加工で高級感あるよ!価格が微妙に高い理由(1500円)ってそれ!?
もちろん出来自体は良いんですけどやっぱり付けて歩くことはしないですからね、たまに箱を開けて眺めるってどんな嗜好品だ!


そんな訳で今回はこの辺で。
オタ特有の語りだしたら止まらないアレでガッツリ更新になったような気がしなくもないけど気のせいですよね。
何にせよ、周りに迷惑をかけなければ好きというエネルギーはとても良いものだと思うのですよ。
そりゃ気付いたら頭痛も止まってますよ。
プロフィール

キャベツ

Author:キャベツ
その時の気分で適当ブログのつもりですが偏ってても気にしないで下さい。
ちょいちょいラブライブ話を挟んでいくつもりがちょいちょいどころかメインになるスタイル。μ’sもAqoursも最高です。
リンクフリーです。


何かありましたらTwitterアカウントにでもリプって下さいませ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。